読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学とスピリチュアルの融合

スピリチュアルとよりよい人生が結びつく記事を更新します

クレッグさんのグループセッションに参加しました

f:id:new-complex:20170407135738j:plain

※画像はイメージです

 

未知なる宇宙への旅

 

昨日の午後から、クレッグ・ジュンジュラスさんのグループセッションに参加してきました。

会場が相模大野駅の近くだったので、電車で1時間半ほどかけて向かいました。

ここ最近、ブロックが解放できたり、エネルギーの変化が続いていたようで、行きの道中はナゾのイライラを感じていました(笑)

 

そんなこんなで、時間より少し前に現地へ着きました。

セラピストの大槻さんという方のサロンが会場でした。

参加者は定員マックスの9人だったので、人口密度が高めな印象でした。

 

グループセッションでは、クレッグさんが全体のヒーリングをしながら、場のエネルギーを上げていく感じで進んでいきます。

その途中で、それぞれの人に簡単な質問をしたり、その人のブロックを外す、必要なエネルギーを高めるというのが大まかな流れです。

 

3月末に彼のセミナーを受けたとき、エネルギーをはっきりと感じることができました。

昨日は人数が少ない上に、スペースも小さくなったので、最初からぐいぐい来るかと思っていました。

 

・・・しかし、そこまで大きな変化を感じないまま進んでいきました。

僕のマインドがここぞとばかりに、悪魔のささやきのように語りかけてきました。

 

「これまでみたいに、クレッグにがっかりさせられるんじゃないの?」

「実は前のは勘違いだったかもよ」

 

こんな感じの内容が頭の中をよぎっていました。

幸いなことにマインドの傾向を学習済みなので、それには真に受けず、セッションの成り行きを見守っていました。

 

 

クレッグに訊こうと思っていたこと

 

このセッションに参加するにあたって、彼への質問を考えていました。

 

・今後の仕事をどうしていくか

・住む場所を変えるならどこにすればいいか

 

予備情報として、他の方のブログを読んだ感じでは、どうやら質問を投げかける人生相談のようにはならないことは知っていました。

また、自身がカウンセラーということもあって、彼に依存するような質問は避けようとも思っていました。

 

さて、実際のセッションでは、彼が場のエネルギーを上げ続けて進んでいきました。

順番に個人的なやりとりが続き、いよいよ僕の順番になりました。

 

細かい内容は省略しますが、けっこう誉められた気がします。

ただ、それがそんなに嬉しいと感じなかったというか、自分の深い部分では当たり前だんだなと、振り返って思います。

予想通り、先述した質問をしようとは思いませんでした(笑)

 

ハイヤーセルフ同士のやり取りから、クレッグは僕なら大丈夫と判断したのか、けっこうぐいぐいエネルギーを上げてきました。

最終的に、部屋の中がぐにゃぐにゃした感じになって、部屋だけが宇宙船になったような錯覚を覚えました。

 

・・・いえ、もしかしたら、あの瞬間だけ、クレッグ船長と宇宙旅行へトリップしていたのかもしれません!(笑)

とまあ、こんな感じで僕のターンは終了しました。

 

 

セッション後の変化

 

最近と同じく、帰宅後も頭痛がしました。

クレッグが太陽エネルギー、マグマのエネルギーを使うそうなので、体温が上昇していました。

そこで、久しぶりに冷えピタを貼ったら、けっこう気持ちよかったです(笑)

 

一晩明けて、今はスッキリした感じになっています。

ブロックがどれだけ外れたかは分からないものの、今までよりも自分が制限をかけていたことに気がつきやすくなった気がします。

 

これは大切なことだと思うのですが、エネルギーの上昇や変化を結果に結びつけすぎない方がいいように感じています。

クレッグに会ったこと、もしくは彼のアドバイスで何かを上手くいくようにしなければいけないと考えてしまいがちです。

過去の自分だったら、そのように感じて焦っていたかもしれません。

 

エネルギーが増したり、ブロックが外れたら、然るべきタイミングで何かできるだろうというゆったり感が出つつあるので、その感覚に委ねていこうと思います。

また、余裕が出た分だけ、マインドから生じる焦りを受け入れやすくなりました。

 

正直なところ、これまでは自分の中のスピリチュアルな部分を見ないふりをしたり、半信半疑でいたりしました。

クレッグさんとの出会いや様々な情報のおかげで、そういった部分を認められるようになったことは良かったと思います。

 

癒やしのエネルギー、元気づけるエネルギーなどを誰でも持っているのですが、教育や社会的な環境から、ないものと思わされがちです。

しかし、これは誰でも持っているものとだと思います。

 

これとは逆に、こういったエネルギーがある分かると、自分は特別だと感じたくもなります。

そういったエゴに近い感情は、僕自身ゼロではないものの、適切な距離をとるようにしています。

 

これからの時代は、心理学的な要素とスピリチュアルな要素の両方が必要だと感じています。

皆さんに、スピリチュアルな世界との素敵なご縁があることを願っています。