読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学とスピリチュアルの融合

スピリチュアルとよりよい人生が結びつく記事を更新します

ヒーリング後に起きる変化と好転反応についての考察

f:id:new-complex:20170411172735j:plain

 

効き目があるからこそ好転反応がある

 

3月28日にクレッグ・ジュンジュラスさんのセミナーに参加しました。

そこで初めて、彼のヒーリングを受けました。

 

これまで、ブロック解消などの目的で遠隔ワークを受けたものの、対面でヒーリングを受けるのは初めてでした。

・・・いや、ちがうセミナーで受けたことがありました(笑)

 

話を戻すと、クレッグさんのエネルギーは強力らしく、彼がワークをしている間は身体が熱くなりました。

ここまではっきりと体感したのは初めてでした。

その後、4月6日にグループセッションに参加した際もヒーリングを受けました。

 

 

好転反応について

 

二日とも、ヒーリングを受けてからも自宅でセルフヒーリングを続けてくださいというアナウンスがクレッグさんからありました。

これは好転反応を軽くするためでもあるらしいですが、セルフヒーリングをしていても好転反応がじわじわきてました。

 

頭が痛くなったり、謎のイライラが主に出ていました。

これは一時的なもので、数日から一週間ほどでおさまりました。

 

あとは、普段から寝ている時に夢を見やすいですが、クレッグさんに会う前後は意味深な夢が多かった気がします。

これに関しては、記憶や感情の整理とエネルギー的な変化の両方の意味が含まれていると考えています。

 

 

現実面での変化

 

変化が起きている実感はあるものの、具体的にこれだというほどではない感じですね。

もちろん、内面の変化が起きているので、以前よりも落ち着いた気分だったり、穏やかに過ごせるようになったという実感はあります。

あとは文章を書く時、読書や映画鑑賞をする時、長い時間集中できるようになったのは、ヒーリング後の変化だと思われます。

 

話が変わりますが、今日は一日中雨なので、浄化が進むといいなと淡い期待をしています(笑)

グループセッションを受けてから一週間経っていないので、これからの変化を楽しみながら経験していければと思います。

 

 

ヒーリングの体験談を読んでみた

 

クレッグさんのヒーリングを受けたことで、ヒーリングも重要だと考えるようになりました。

それから、キンドルで数冊の関連書籍を読んでみました。

 

心の癒やしは心理学的な手段が有効だと思っていたのですが、ヒーリングも癒やしをもたらすと思うようになりました。

それは実際の変化を本の中で知ったからです。

 

チャクラやエネルギーという言葉が使われますが、これらが活性化することも変化や癒やしに必要なようです。

それには、ヒーリングなどのスピリットな手法が効果的だと思います。

ホリスティック(全体性)という言葉があるように、身体と心とスピリチュアルな要素の全てが充実していた方が、バランスのとれた健康につながるでしょう。

 

 

かんたんなまとめ

 

好転反応が起きている時は心身の負担が軽くなるように過ごしましょう

 

・新鮮な水を飲むといいそうですが、これは普段からでもいいと思います

 

・すぐに分かる変化、あとから気づく変化の両方があるようです