読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学とスピリチュアルの融合

スピリチュアルとよりよい人生が結びつく記事を更新します

心と身体とスピリチュアルの3つをバランスよく整える

f:id:new-complex:20170417200103j:plain

 

ヨガの本から得た気づき

 

今日、ヨガ関連の本を読んでいて、呼吸や姿勢の重要性に気がつきました。

チャクラのヒーリングをしても、背筋が曲がったりしていれば、身体のエネルギー的にはあんまりよくないですよね。

 

心だけでなく、身体だけでなく、スピリチュアルな要素だけでない。

これら3つを整えたほうが、よりよい状態になるはずです。

がっつりヨガをする予定はないものの、姿勢は意識するようにしようと思いました!

 

昨日の記事で、癒やしは多層構造という表現をしましたが、別の言い回しがあったことに気づきました。

わりと本で見かけるのは、タマネギの皮がむけるようにという表現です。

 

一枚めくって、それからまた一枚めくり、その奥にある白い部分に到達する。

いきなりガラッと変わるというよりも、ちょっとずつ変化して、次の皮をむくような感じなんですよね。

急激な変化は負担が大きいため、なるべくちょっとずつをおすすめします。

 

好転反応について

 

物事が良くなるのは歓迎できますし、ブロックが外れて自由になれるに越したことはないと思います。

ただ、今回の3つのどれが変わる時でも、好転反応というのが起きることがあります。

色んな方の意見や情報がありますが、自身の実感をもとに書いてみます。

 

例えば、最近のクレッグさんのヒーリング後は、イライラしやすくなったり、普段は感じないような頭の痛みがありました。

また、グランディングやチャクラを意識するようにしたところ、一時的にソワソワすることが増えました。

 

クレッグさんは、一気に自分のブロックを外した時のことを、「心が丸裸になったみたいだった」と表現していました。

たしかに、何となく分かる気がします。

好転反応が起きていると、カニとかエビが脱皮したばかりみたいに、殻が柔らかいような感じだと思います。

 

とはいえ、好転反応を気にしすぎなくても大丈夫です・・・そこまで言いきれないんですよね(笑)

僕自身、何度か経験していますが、気持ちのいいものではありません。

その後に新しい自分になれる、これもプロセスの一つと思うことで、そこまで深く考えずにいられます。

 

やっぱり、トータルケア

 

結論がループしていますが、バランスよく整えるのがベターだと思います。

 

親との関係でしたら、心に働きかけるためにカウンセリングを受けたり、関連書籍を読むことが役に立ちます。

身体は健康的な生活をすれば、状態は良くなっていきます。

 

スピリチュアルは浄化を進めたり、ヒーリングが効果的です。

自分の持つ直感やエネルギーを認められることも、生きやすさにつながるはずです。

 

 



先日紹介した、ひがしちわさんの動画はおすすめです。

ヒーリングなどの癒やしにつながる内容をたくさんアップされているので、ピンっときたものを選んでみるといいかもしれません。

 

ちわさんは、「お幸せ様です」という言葉を挨拶に使われるのですが、これが何となく好きです、ちょっとユーモアがある感じで(笑)

彼女のブログを拝見した感じでは、いろんなことを経験されてきた先達であり、人生の先輩という印象を受けました。

 

それでも、日常で感じたことを赤裸々に書かれている点に好感を持ちました。

浄化や癒やしが進んだ人でも、いわゆる人間的なことを感じたり、経験されるんだなと。

 

癒やしのプロセスを進めようと思ったら、現代は情報が豊かなので、気になったものは積極的に取り入れられることをおすすめします。

直感が働いた方がベターなので、自然のあるところへ行ったり、適度にリラックスされるといいですね。